テレアポ代行は、クライアントの新規顧客獲得のために商談アポ取りを行う専門会社です。

テレアポ代行に依頼する際によくある質問の1つに「成果報酬型と固定報酬型のどちらがいいの?」というものがあります。

この記事では、成果報酬、固定報酬の考え方の違いや、メリット、デメリットを解説します。テレアポ代行会社を選ぶために参考にしてください。

テレアポの成果報酬とは

テレアポの成果報酬型とは、どれだけアポイントを取れたかによって報酬が支払われる仕組みです。

1件アポイントが取れるごとに報酬が発生し、1件1万円~3万円程度が目安です。

成果報酬型のメリット・デメリット

成果報酬型のテレアポを実施する代行会社は少ない時間でたくさんのアポイントを取ろうとします。モチベーションが高く保たれるため、より多くのアポイントを取ろうと努力してくれるのは、依頼側にとってもメリットと言えるでしょう。

一方で、懸念されるのはアポイントの質の低さです。成果を上げるために、ほぼ購入を検討していない顧客とアポを設定し、クライアントにとっては無駄足となるトラブルが起こります。

またアポが増えれば増えるほど報酬が増える点も、予算コントロールの点では難しさがあります。

テレアポの固定報酬

テレアポの固定報酬とは成果報酬型と違い、成果にかかわらず決まった報酬が発生します。

固定報酬型では1件に対してつながるまで何回電話をかけるかで報酬が変動するのが一般的です。たとえば1コールでつながったら120円、2コール目なら150円といった形式です。

固定報酬型のメリット・デメリット

固定報酬型では発注側、受注側とも、金額が固定されるのでコスト管理がしやすくなります。

「成果が出ても出なくても同じ」なので、テレアポを行う側は成果にこだわりづらくなります。アポイント獲得に加えて、予算内で「一社でも多くの企業に広く知らせたい」という目的があるなら固定報酬はメリットがあると言えるでしょう。

成果報酬型のテレアポ代行企業9選

テレアポ代行企業はたくさんありますが、成果報酬型を得意とし、クライアントに質の高いアポを提供してくれる企業を紹介します。

選ぶ際には各代行会社の評判や実績、得意分野などが自社とマッチするかに着目してください。

1:プロセルトラクション

営業経験者からコールスタッフを厳選

プロセルトラクションはコールスタッフが営業・販売やテレマーケティング経験者から厳選しています。社内の教育研修や日々のマネジメントは自信をもっています。

見込み客の「生の声」からPDCAを回す

営業先からヒアリングした内容を随時フィードバックしてくれるため、PDCAを回してより結果の出る営業方法を模索するうえでもよいパートナーとなるでしょう。

また独自に保有する1千万件あまりのデータベースをもとに、相応しいリストを作ってくれます。

2:エグゼクティブ

テレアポだけでなく営業戦略やマーケティングも

エグゼクティブは成果報酬型のテレアポだけではなく、営業戦略部隊やマーケティング部隊も備えているため、テレアポ以外にも効果的な新規顧客開拓を行えます。

またホームページ解析の技術もあり、より効果的に新規顧客に対してアプローチできます。

HP制作も行う

テレアポの際に連絡先代わりに紹介できるホームページの作成も行っています。

ホームページ制作部隊がいるためテレアポからWebまでを一貫して任せられます。またWebデザインやマーケティング、ソリューション開発などビジュアルで見せづらい事業でも的確に表現できるので、説明が難しい商材の会社の助けになります。

3:CLF PARTNERS

売上向上

CLF PARTNERSは成果報酬型のテレアポに加えて、商品設計、戦略設計また事業展開の見直しも行っています。新規顧客獲得だけでなく多面的に依頼者の利益に貢献します。

海外展開支援

海外向けに売り込みたい場合でも同社は海外渡航のヘルプや商談通訳も行ってくれます。事業を海外展開したい企業には助けとなるでしょう。  

人材育成

人材育成事業も行っています。さらにテレアポの業務を効率化させたい方などにおすすめです。

4:Global Stage

プロの営業パーソンによるテレアポ

Global Stageでは、最低300時間の営業トレーニングを積んだプロの営業パーソンが1件1件粘り強く交渉をしてテレアポを成功させるので質が高く、多くのアポイントを成約させます。

新規事業開発

成果報酬型のテレアポだけではなく新規事業を起こす際の企画やマーケティング、戦略立案などを法人向け、個人向けともに行っています。

マーケティング支援

テレアポだけでなくマーケティングにも力をいれているため、営業に伴うテストマーケティングも行います。事業に市場性があるどうかやコンサルタント、競合調査など総合して行います。

5:UPSELL TECHNOLOGIES

独自のノウハウと実績

UPSELL TECHNOLOGIESは月間tel回数が500万件を超え、またテレマーケティング運用実績が4,500社以上を超えるなどと大変多くの実績・経験共に兼ね備えているため安心して成果報酬型のテレアポを依頼することができます。 

テレアポの費用対効果に見合う料金設定

今までのノウハウや営業経験豊富なオペレーターがいることによって同じ高い成果を出すとともに初期費用がいらないので、企業側は少ない費用で成果報酬型のテレアポの効果を体感することが出来ます。  

AI技術を応用したテレアポ

UPSELL TECHNOLOGIESは今までのテレアポ会社にはない独自のAI技術を用いた分析と運用を用いてテレアポを行います。月間500万件の通話データを用いて、それをAIが分析し効果的なテレアポを解析してくれます。 

6:Edge Connection

高品質なテレアポを提供

Edge Connectionではトークスクリプトの見直し、修正や、営業進捗管理ツールを活用してクライアントとの情報共有を密接に行います。高い品質のテレアポを実現しています。 

高いコストパフォーマンス

アポの成果報酬は1件1万円から。他社では1件5万円前後が多い中で、高いコストパフォーマンスを誇っていると言えるでしょう。

テレアポのリスト作りも得意

リストの作成も得意としています。クライアントの商材にあった独自リストをカスタマイズするので、自社にセールスリストがないときも気軽に相談できます。

7:ディグロス

支援実績1000社以上

ティグロスではテレアポでの支援実績が1000社以上。レベルが高いことで名前の通った成果報酬型のテレアポ会社です。 

幅広い業種に対応

Webサービスや人材派遣会社、eラーニングシステム会社、コンサルティングサービスなど幅広い業種に対応。どのような業種の企業でも安心して依頼できます。

8:コミットメント

アポイント返品を受け付ける、品質の徹底

アポイントの数ばかりを求めがちな成果報酬に一石を投じるアポ返品制度を導入。アポを取ったはずの相手がろくに商談にならないときは成果報酬を受け取らないなど独自の品質管理を行います。

とくに上位のサービスでは月間にテレアポの依頼を受ける数を5社に限定するのは、質にこだわるからこその姿勢です。

録音データの開示

アポイントが取得できた際の録音データもクライアントに納品します。アポインターはクライアントに聞かれると分かっていれば、無理やりアポを設定はできません。これも品質保持の独自の取り組みです。

9:アイランドブレイン

幅広い業種のテレアポ

特定の業種のテレアポは苦手という会社が多い中アイランドブレインはWeb制作業や塗装業、プレス加工業や弁当仕出し業など業種を問わず成果を出す完全成果報酬型のテレアポ代行業者です。    

マーケティング支援

テレアポだけでは新規顧客の獲得が十分ではない場合も多いためアイランドブレインでは必要に応じてマーケティングの支援も行います。

個人事業主への対応

最近では個人事業主からのテレアポ依頼が増えています。大きな企業に比べれば予算も限られますが、個人事業主からの依頼にも成果報酬で対応しています。

成果報酬型テレアポ代行企業の選び方

成果報酬型テレアポ代行企業は数えきれないほどあります。選ぶ基準は「自分の業種とあっているのか」「価格設定」「企業理念」などから総合的に判断するとよいでしょう。

収支の目途が立てやすいため固定報酬の魅力もありますが、質の高いアポイントメントを取りたいなら成果報酬がおすすめ。また両方のよいところをミックスしたハイブリッド型の企業も多くあります。

自社にあった企業に出会えるまで、ぜひ繰り返しこの記事を参考にしてください。

プロセルトラクションがあなたの営業活動をお手伝いします

プロセルトラクションではリクルートなどの大企業からスタートアップまで幅広く経験してきた営業のプロがあなたの会社にあった方法で営業代行いたします。営業でお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

まずは話を聞いてみる